セルフイメージの大切さ 潜在意識で可愛くなる! 自分の顔を好きになりたい

「どうせ私はブス・・」自分に対する思い込み・・それって本当?と自分に問いかけてみて

投稿日:2022年12月12日 更新日:

2016年5月22日の記事を引っ越し&リライト

 

昨日はじめて、ライン@で
【自分色の花を咲かせるお便り】を
配信したよ(⌒‐⌒)

もう1つのブログの
これまでの私のことと、
before→afterを載せた記事を
もし良ければ読んでみてね☆と
送ったの。

そしたら、
『読んで元気がでました!』と返信を
頂きました・゜・(つД`)・゜・
とても嬉しかったぁ!

ブログを投稿してから
やっぱり
載せなきゃ良かったかな~・・(>_<)

とか
色々葛藤もしてたから
その言葉をもらえただけで
載せて良かったぁ!って思えた
ありがとう!(⌒‐⌒)


セルフイメージが大切だってことは
いつも書いているんだけどね

じゃあどうやって
変えていけば良いの?

私の自分と仲直りの企画(笑)でもある

自分に対する思い込みに対して
「それって、本当?」って確認してあげること。

 

私、ブスブスドブス~!って
過去の自分のこと思っていたけど

それって本当に??
誰が言ったの?

それは、
本当に確かなこと?
って自分に聞いてみた
(心の中に)

すると
思い出してきました・・

中学生時代
当時、流行っていたチビTを着て
(若い子は分からないよね 笑)
友達と行ったお祭り。

同じ中学校の男子に後ろから
『キモい』
って言われて
もう、プンスカだよね(笑)

ふん!ってなって
後ろ振り返らずに
文字通り、
ブスッとしていたんだけどね

でもよく思い出すと
その男子の友達は
(違う中学校)
『え?なんで?可愛いじゃん』
って言ってくれてた。

あれ?

母の彼氏からも
『俺は可愛いと思うけどな~』
(これでまた、母からの
嫉妬や疑いを受ける・・)

あれれ?

中学校時代の
女友達にも聞いてみた

私は、身長が小さいんだけど
その子は【チビ】って
私のこと呼んでたり
なんだかんだ言われた

(そして私はそれに
対して何も言えなかった)

『あの頃、わたしのこと
下に見てたというか見下してたよね~』

『え?それはないよ!
skyの優しさに甘えきっていただけ
本当に大切な友達だって
思っていたよ

たまに変な動きするけど
ちょこまかして可愛かったし』

まだちょっと
う~ん
だけど、あれ?

高校生になってからも
家でつらかったけど
学校ではそれを見せずに
わざと、おどけていたりした。

『喋らなければ可愛いのにね~』
(わざと変なことしなければ)

と女友達から言われたりした。

嫌~な気持ちに
なり続けていたのは
わたしだったんだな。

私は昔の
自分の顔が嫌いだったけど
良いって言ってくれる人も
【いた】

すべての記憶を塗り替えて
自分をブスブスドブス!
に、していたのはワタシだった。

私はブスなんだ!!
って、ふてくされて
可愛くなることを諦めていたのは
わたしだった。

 

【自分はブス、可愛くない】【自分は綺麗じゃない】
って思い込み

それって本当?

どんな言葉が
どんな環境があなたをそう思わせたの?

 

なんで自分に対してそう思ってるんだろう?

それって本当?

 

ちょっと自分に
聞いてみると良いかもよ(⌒‐⌒)

 

 

無意識に自分にどんな言葉をかけているか?

もし【自分はブス、可愛くない・・】と心の中で何度も思ってしまってるとしたら

それはマイナスのアファメーションをし続けているのと同じこと。

 

無意識の思考は1日6万回と言われてるから、たーくさんマイナスのアファメーションしてるのと同じなんよ。

だから「自分に対して、どう思っているか?」セルフイメージが大事なんよ。

 

自分への声掛けをプラスに変えていくのが、めっちゃ大事だよ!

 

いきなり「私は可愛い」とアファメーションしてみても、「そうと思えないよ!だってブスだし!」とか

自分を責める言葉が浮かんできたら、「あぁ、また自分を責めようとしてたね。ごめんね」

と自分とまず仲直りするところから始めてみてね^^

 

  • この記事を書いた人

sky

-セルフイメージの大切さ, 潜在意識で可愛くなる!, 自分の顔を好きになりたい

Copyright© おブスの逆襲「大切にされる女性になる」 , 2023 All Rights Reserved.