「どうせ私なんてブスだし愛されない」自分への想いが変わると顔付きも周りからの扱いも変わる。自分を諦めないで

おブスの逆襲 大切にされる女になる

恋愛と自己肯定感

なんでいつもダメ男を好きになったり恋愛が上手くいかないんだろう

投稿日:2019年6月6日 更新日:

学生時代は男子から「キモっ」と言われるようなキャラで、もちろんモテとは無縁。

それから「キレイになってバカにした男たちを見返してやるんだ!」と化粧や髪型・ダイエット・話し方などを研究。

どうやったらキレイになれるか、どうやったら男性から好かれるのかってことをめっちゃ勉強した。

「別人みたいにキレイになった」と言われるようになって、人並みにモテるようになるまで成長した。

だけど、恋愛が続かない、なかなか上手くいかない。

最初は向こうからアプローチされて付き合うのに、いつの間にか連絡が少なくなって、雑に扱われるようになり、結局振られることも・・

好きになるタイプだったり
付き合ってからの関係性だったり
上手くいかなくなる時のパターンだったり

よくない恋愛パターンが出来てしまっていた。

定職につかずにパチンコで生活している男

家に転がり込んできて生活費を払わない男

女グセが悪い・酒グセが悪い・・など

あまり、よろしくない男性を選んでしまっていた。

俗に言うダメ男。

なんで、ダメ男を選んでしまうか分かる?

自己肯定感と恋愛

私の場合は、自己肯定感が低いのでダメ男を選んでしまう・・というか

「ひどい扱いをされること」を許していた。

ドロドロな家庭環境や、学生時代に言われてきた心無い言葉や扱いにより

【そんな風に扱われても仕方のない自分】だと自分に対して思っていた。

外見が変わってモテるようになってならも、自己肯定感が低かった。

恋愛と自己肯定感って関係あるの!?と思った?

関係、かなり大アリです

例えば「私は大切にされる価値がない』と思っているとする。

すると、セルフイメージと同じになるような振る舞いをしてしまうんだよね。

「自分のことを大切に思っていないと相手にも大切にされない」って正にそういうこと。

ダメ男から卒業したい!

同じような恋愛パターンで上手くいかなくなる・・って方は

【自分が自分に対してどんな風な扱いをしているか】を感じてみて欲しい

自分を大切にしてくれない男から離れようと思えば、いつでも離れられるんだよね。

それを自分に許可を出してあげられるか

「ヒドイ!最低~!この わたくしにそんな扱いをするなんて!

そんな男こっちから捨ててやる!」ってね。

私は、それすらも感じることが出来なかった時があったよ。

自分の感情に鈍感になっててね(-_-;)

本当はどんな恋愛がしたい?自分の心の声を聴いてあげて

自分の心の声に耳を傾けてあげる=自分の気持ちを大切にする

だから良い恋愛をするにも

まずは、自分で自分を大切に愛することなんだよね。

付き合ってから男がダメ男になるパターンも同じようなこと。

彼にどんな風に接してしまうか

そして、そんな風に接してしまうのは、自分にどんな想いがあるからか・・

って相手じゃなくて

自分に矢印を向けてあげると見えてくるものがあるかもよ?

私の場合は【劣等感】と【自己否定】から来ていたよ。

ドロドロの家庭環境や子供の頃に言われた心無い言葉で

『私には価値がないから、こんな扱いを受けても仕方ない』と思っていた。

無意識のクセに引っ張られず望んでいることを意識し続ける

人間が意識出来てる部分って、ほんの数%で、その他の大部分は無意識(潜在意識)と言われてる

1日六万回くらい思考しているうち、そのほとんどが前の日も考えていた事と同じようなことなんだって。

それだけ無意識のクセに引っ張られやすいんだよね。

『私なんて・・』と心の中でも自分にダメ出しをし続けていたら、ずーっと同じところをグルグル~なんだよね。

大切にされない男性を選んでは

『ほらね、やっぱり大切にされない』とセルフイメージを強化する。

変わらないこと

それが安心でもあるんだけどね

変わるって結構勇気がいる

ダメ男に惹かれそうになったら、思考の向け方をちょっと変えてみる

セルフイメージを変えていきたい!と思うなら自分へどんな言葉をかけているか意識してみて

『私なんて・・やっぱりダメだ。あ、、でもこんな事が出来るよね』と思考の向け方を、ちょっと変えてみる。

『危ない空気感じるな・・ダメ男の香り。好きなタイプ・・。あ、でも私はこんな恋愛がしたいんだった!』と今までのクセに引っ張られずに、望む方向に意識を向ける

そんな風に

『本当は自分はどんな恋愛がしたい?』

『どんな関係性を築いていきたい?』

『どんな自分でいたい?』

と問いかけていった時

本当は、誠実に向き合える関係を望んでいたことに気づいた

昔の私は人と向き合うことが怖かったから、軽い関係を望んでいたのかもしれない。

自分が何を求めているか明確にして、まず自分が変わる

こんな風に、自分でも気づかずに”選ばされていること”って多いんだよね

意識して、選ぶものを変えていく

いつも同じような恋愛のパターンで上手くいかなかった

自分が本当はどんな恋愛を求めているか

どんなパートナーシップを求めているか

を明確にして、まず自分が変わる

環境やパートナーを変えても、自分が変わらないと結局同じことを繰り返したり・・

私は、感じた気持ちを伝えるのが今でも苦手だなぁ

昔、ドロドロの家庭環境の時、母にちゃんと話を聞いてもらえなかった

「どうせ聞いてもらえない」って思い込みがある

気持ちを言うのが怖いし、心臓ドクドク指先冷たくなる

でも、頑張って変わっていきたい!

「自分の感じたことを我慢せずに素直に表現して、信頼できる関係を作っていきます!!」とここで宣言w

あなたは、本当は何を求めてる?

宣言して、一緒に意識していこう^^



  • この記事を書いた人

おブスの逆襲

昔は貧乏・家庭環境はドロドロ、外見も内面も自分のことが大嫌いだった「整形した?顔も性格も別人みたい」とよく言われる。そんな私が変われたのは体と心の声に耳を傾け「自分を大切にする」ことを意識し続けたから。そんな経験から現在は「自分を大切にするヨガ」を伝えている

-恋愛と自己肯定感
-, ,

Copyright© おブスの逆襲 大切にされる女になる , 2020 All Rights Reserved.