「どうせ私なんてブスだし愛されない」自分への想いが変わると顔付きも周りからの扱いも変わる。自分を諦めないで

おブスの逆襲 大切にされる女になる

私のお話

あぁ、わたしお母さんを幸せにしたかったんだ

投稿日:

 

 

わたしね、ブログの過去のお話でも
度々出てくるけど、
お母さんとの
関係が昔よくなかった時期があった。
でも、最近になって
感じたことがある。
前に書いた
【小学生時代】自分の感じた気持ちに蓋をして、
傷ついていないフリをしていた

から、少し引用するね
ある日、
母と二人でデパートに行った。
母は、その日私にこんな事を聞いてきた。
『(母の彼氏が)子供がいらないって
人だったら、どうする?』
私は、
(その人が子供いらないって
言ったら、私と兄を捨てて
男の方を取るのかな・・)
と思いつつ
(そんな事
子供に聞くなよ・・お母さん・・・)
とも思いながら
『母ちゃんの人生だから、
好きなようにしたらいいよ』
と、なんとも冷めた返事をした。(笑)
当時は、確か小学6年生くらい。
イヤだ!!って
自分の素直な気持ちを表現することが
出来なかった。
『親なのに、子供より男を取るんだ・・』
と、感じたこと。
大事にされていないように感じて
悲しいって気持ち。
その時に、
正直に感じた想いに蓋をして
冷めたフリして
傷ついてないフリをしてた。
引用終わります☆
小学生にして
なんとも大人びたというか
冷めたこと言ってるよね(笑)
お母さんは思ったことを
そのまま口に出すような
自分の気持ちのままに
行動が出来るタイプの人
私は、すごく言葉を
選んでしまったり
人からの目線を気にするタイプの人。
まるで逆でね
この先、お母さんの彼氏と
一緒に暮らしてから始まる
お母さんが、
私とお母さんの彼氏との関係を
執拗に疑って、毎日聞いてきたり・・
女の顔をして、狂ったように
私に疑いの目を向けてきた
『なんで、こんなこと言うんだろう』
とお母さんの
気持ちが理解出来なかった
本当に嫌になるような
日々だった。
私はなんで自分の気持ちを
言えなかったんだろう・・って
思ったり
そんな自分に対しても
嫌になったりしていた。
高校生の時も
ずっとバイトをして
バイト代を家に入れていた。
18歳で就職して、家を出てからも
給料日になると電話がきて
『振り込んで・・』って
言われるのが、
だんだんと嫌になっていた。
『振り込んでくれたお金が足りないから
あと何万入れて』って言われるのが
嫌になっていた。
給料日の時にきまって
掛かって来る電話に
『私はどうせカネヅルでしょ!』って
スネまくっていた。
(今より、やさぐれていたのでね・・笑)
でも、そんなことは母には言わずに
ちゃんと振り込み続けた。
その一方で、私の心は
すさんでいくばかりだった。
先週、地元に帰った時に
学生時代のアルバムと
私の書いたメモが出てきた。
『働いて、
お母さんを楽にしてあげたい』
おや?
あれ?わたし
『本当は、お母さんを幸せにしたかっだ』
お金を渡すことが
嫌だったんじゃなかったんだ。
言われなくても渡そうと
思っていたのに
それを給料日に
お母さんから、言われるのが
嫌だったんだ。
子供は、
お母さんを幸せにしたい

よく聞くけど
私は違うよ~!
って思っていたけど
私もそうだったのか?(笑)
お金、お金って言われるのが
お金をあてにされてるようで
お金を渡さないと
自分に価値がないようで
悲しかったんだ。
ただ、愛されたかったんだ。
そのくらいお母さんのことが
好きだったんだ
でも、表に出せる状況じゃなくて
スネていたんだ

そんな風に感じた
33歳のワタシだったのでした。
おわり

☆あとがき☆
なんで、この話を書いたというとね
今週の【スカッとジャパン】で
シングルマザーで、
3人の子供を育てているお話があったんだ。
一番上の小学生の男の子がね
友達とケンカをして、
このお兄ちゃんが
手を出したってことで
お母さんも呼び出されるんだ。
相手方に謝ってさ
帰る途中
『なんで、暴力ふるったの?』
って聞いても
男の子は答えない。
でもね、そのお兄ちゃんが悪いんじゃなかったの。
貧乏なのを、理由に
ゲームを取ったんじゃないか
とか、筆箱がボロボロだって
友達にバカにされて
『そんな家に生まれなくて良かった』
って、言われるの。
お母さんのことをバカにされたようで
嫌だったんだよね
友達とケンカしたのは
自分の子供が悪いんじゃなかった。
自分の為に怒ってくれたんだった。
本当のことを
知ったお母さん
どんな気持ちだったんだろうな・・
そして、そのお兄ちゃん
参観日に、『将来の夢』
についての作文を読むんだ。
その夢が『消防士になること』
そして、もう1つが
『お母さんを幸せにすること』
だったの。
ずっと、僕たちの為に
働き続けてくれてる
お母さんを尊敬しています
だから、お母さんを幸せにしたい
そんな、純粋な素直な想いに
号泣したね・゜・(つД`)・゜・
そして、思い出したんだ。
『あぁ、
私もお母さんを幸せにしたかったんだ
幸せになって欲しかったんだ・・』
ってね(⌒‐⌒)

今日も、読んでくれてありがとう!
ランキング参加しています
良ければポチしてね☆
にほんブログ村 恋愛ブログ モテ女へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ セルフイメージへ
にほんブログ村
 

 

 

  • この記事を書いた人

sky

-私のお話

Copyright© おブスの逆襲 大切にされる女になる , 2020 All Rights Reserved.