「どうせ私なんてブスだし愛されない」自分への想いが変わると顔付きも周りからの扱いも変わる。自分を諦めないで

おブスの逆襲 大切にされる女になる

私の過去の話

【小学生時代】アルコール中毒のお父さん・夜に働きに出たお母さん

投稿日:

今日は、わたしの想い出話だよ。

 

 

 

 

 

アルコール中毒のお父さん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私が小学生の4年生くらいの時

 

 

 

 

 

母が夜の仕事に働きに出た。

 

 

 

 

 

 

お父さんが昼間からお酒を飲んで

 

 

 

 

 

あまり働かなくなったから・・

 

 

 

 

今思うと

 

 

 

 

 

少し弱いところがあったのかな

 

 

 

人付き合いも苦手で、いつも上の人と

 

 

ケンカして

 

辞めてたりしたみたい

 

 

 

 

 

学校から帰ってきたら

 

 

 

 

 

『ばかちょ、ばかちょ』って

 

 

言いながら、ライターで灰皿を叩く音が

 

響いていたっけ

 

 

 

 

だからお父さんと

 

 

 

 

 

あまり、ちゃんと話をしたことがなかったな

 

 

 

 

 

お父さん、わたし

 

 

 

 

結婚したよ

 

 

 

今幸せだよ

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

夜に働きに出たお母さん

 

 

 

 

 

 

 

 

パパが働かなくなって、ほどなくして

 

 

 

 

 

母ちゃんが働きに出た。

 

 

 

 

 

スナックの仕事らしい。
 

 

 

 

 

 

夕方になると、肩パッドが入った

 

きらびやかなスーツに着替え
化粧をして
出勤していく

 

 

 

 

 

夜中から朝方に帰ってきて、

 

 

 

 

 

昼間は寝ている

 

 

 

 

大黒柱として、夜中に働いた母ちゃん

 

 

 

 

本当に大変だったと思う

 

 

 

 

夜になると出勤していくのは寂しかった

 

 

 

 

 

 

 

けど、学校から帰ってきて

 

 

 

お母さんがいてくれるのは

 

嬉しかったんだよ

 

 

 

 

 

母ちゃん、あの頃はありがとうね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • この記事を書いた人

lovemyself15

-私の過去の話

Copyright© おブスの逆襲 大切にされる女になる , 2020 All Rights Reserved.