「どうせ私なんてブスだし愛されない」自分への想いが変わると顔付きも周りからの扱いも変わる。自分を諦めないで

おブスの逆襲 大切にされる女になる

私の過去の話

【中学生時代】母が嫉妬に狂い始めた

投稿日:

今日は、
たくさんブログを書いてる!(笑)
書きたい!
って想いが沸き上がった時に
書いておかなきゃね(⌒‐⌒)
前回の続きの過去の話。
【中学生時代】お母さんの彼氏と暮らしだした
なんで、過去の話をするのかについては
詳しくは、過去のブログ↓
なぜ過去の話をするのかを見てね

初めは、
『ちゃんと着替える時、戸閉めてる?』
だったのが、少しすると
『変なことしていない?』
に変わった。
『されてないよ~』
と普通に答えていた。
すると
『あんたまだ今月生理来てないんじゃない?』
とか
私と、母の彼氏が二人の時に
本当に、何もしていないかどうか
テープレコーダーを設置して
『この声なに!?』
って言われたり
押し入れから、隠れて見ていたり
本当に狂ったように
わたしのことを、疑っていた。
この時には母に
反抗的な態度を取るようになり
なるべく疑われないようにと
母の彼氏にも、ブスッと素っ気なく
接するようになった。
だけど、母の嫉妬や疑いは
私が高校を卒業して
家を出るまで続いた。
私のことで、
二人がケンカすることもあった。
警察を呼ぶようなこともあった。
母の彼氏は、酒グセが悪く
夜中に帰ってきては
大声で叫んで、私たちを起こした
そしてグダグダと
不満を吐き出して説教したり
兄を連れてこい!と
私に兄を呼びに行かせた。
(同じアパートの二軒隣にいる
不登校の兄に、俺があいつに話をしてやる!と言って)
でも、母は兄を守りたいので
『居なかったって言いなさい!』と言った
私は、呼びに行ってるフリして
外に出て
少ししてから、
母たちのいる部屋に戻った。
また部屋に戻っても
『なんで連れてこねぇのよ!』と
グダグダが続く・・
あの時の絶望感(笑)
今書いてて、久しぶりに思い出した。
それに比べたら
今はなんて幸せなんだろう・・(泣)
それは、当時の中学のクラスメイトに
『目が死んでる』って言われるわぁ!
当時から、可愛くなりたいって
想いはありながら
女らしくなると
また母に嫌味を言われたり
疑われたりする!と

思っていた。
中学生の私は、顔も表情も
ブスッとしていて可愛くなかった。
私の場合は、一重から二重になったり
顔立ちが変わったのもあるけど
昔はムスッ、ブスッとしていたけど
笑顔が増えた&愛嬌という点も
『別人みたい!』
と言われる理由だろうな。
あの頃は、本当に辛かった。
こんな毎日が、いつまで続くんだろって
思っていた。
友達にも、こんな重たい話したら悪いと思い話せなかった。
自分で自分に、
『大丈夫、大丈夫・・』って
言い聞かせていたっけな。
でも、今は
優しい旦那と、可愛い猫と
すごく幸せだよ☆
【いつでも自分が
自分の一番の味方でいてあげようね】

ブログランキングに参加しています
良ければ、応援ポチしてね☆
にほんブログ村 恋愛ブログ モテ女へ
にほんブログ村

  • この記事を書いた人

sky

-私の過去の話

Copyright© おブスの逆襲 大切にされる女になる , 2020 All Rights Reserved.