「どうせ私なんてブスだし愛されない」自分への想いが変わると顔付きも周りからの扱いも変わる。自分を諦めないで

おブスの逆襲 大切にされる女になる

セルフイメージの大切さ モテとは「型」である 恋愛と自己肯定感

ワガママな女モテる?小悪魔的な可愛いワガママで女を楽しもう!

投稿日:2020年2月23日 更新日:

ワガママな女はモテるっていうけどさー自己評価低すぎてワガママ言えん

よくモテ本で「ワガママな女はモテる!!」ってあるよねでも、昔「キモッ」って扱いを受けて自己肯定感が底辺だった私は『いやいや美女がワガママ言うから良いんであって、私のような下々の者がワガママ言ったら何言ってんじゃい!』ってなるわー美女がいう恋愛テクって、おブスな扱いを受けてきた人にとってはハードル高いんだよね・・「いやいや、、あなたは元から美女で優しくされるのが当たり前の環境で育ってきたから、甘えたり、ワガママ言うのは朝飯前かもしれないけど・・こっちは、男性からヒドイ扱いを受けるのが当たり前だったんだよわがままとかハードル高いわー!!くそがーーー!!」ってw内面はドロドロ、自己肯定感も底辺レベルに低かった・・だからね、まず自己評価の低さから変えていったモテテクニックより
何より大切なことは
自分を卑下しないこと
自分を愛するってことだよ人から大切に扱われたいなら、まずは自分で自分のことを大切にすることこれ、めっちゃ大事!!

ワガママ言える女がモテるのは、自分を大切にしてるから

かわいいワガママって「自分のことを大切に扱って」って相手に伝えることでもあると思うんだ。自己肯定感が底辺レベルだった時は「私なんぞがワガママなんて・・」ってワガママ言えるようなメンタルじゃなかったもんw(今でもワガママあまり言えないや・・w)「私は、自己肯定感がちゃんと高いよ。テキトーな扱いしたら怒るよっ!」って意思表示できる女の子って、やっぱり大切にされるんだよね。「わたしは、ヒドイ扱いを受けても仕方ない・・」って心の奥底ででも思ってると、それが何かの拍子に見え隠れするんだろうな心無いことを言われて傷ついているのに平気なフリをしたり、「私が我慢すればいいんだ」とか気持ちを抑えていると「あ、この子はこんな風に扱っても良いんだな」って思われちゃう・・わたしゃ、それで色々失敗してきたwでも、自分を守ってあげれるのは、自分しかいないんだよねって気づいてからは「私はこんな風に言われたり、扱われるのはイヤだよ」「こう扱ってくれたら嬉しいよ」少しずつ自分の気持ちを言えるようになった。

モテの「型」を知ろう 男性の心をくすぐる甘え方

「いやいや、でも急にワガママ言うのはハードル高いよ!」「自分の気持ちを言って、受け取ってもらえなかったら、どうしよう・・」「こんなワガママ言って嫌われないかな?」うん、わかる。。私もこわいw恋愛セルフイメージコーチの齊木さんの動画とても分かりやすいし、後ろの猫ちゃんがアザラシみたいで可愛いのーー!一緒に男心を学んでいこう!^^https://youtu.be/wWJXxMqfMhc

・男性は潜在的に女性に頼られたい・何か小さなことでも相談してみる、質問することも甘える練習になるから、そこから始めてみたら?(人は一度やってみないと「甘えていいんだ。大丈夫なんだ」ってブレーキがなかなか外れない)・男性に甘えられない人は、友達にも本音を言えなかったり譲ってしまったりするのでは?

はい・・わたしです。。まだまだ、カッコつけて本音言えなかったりもするなーでも、変わっていきたいから少しずつ伝える!変わりたいなら、こわくても進むしかないのだよね^^そこは、やるっきゃない!

蝶々さんの「小悪魔な女になる方法」からモテるワガママを学ぶ

モテ界では有名な(?)蝶々さんの「小悪魔な女になる方法」蝶々さんによると「ワガママは恋のスパイスである」そう!

ペッパー・チリ・マスタード・わさびetc。。スパイスのない料理がピリッとしないのと同じく、ワガママや毒を吐かない女は、どこか物足りないものだ。というわけで、蝶々は好きな人ほどワガママをいう。「あれとって」「これ空けて」とか「それよこせ」とか、コトバ尻をつかまえて、揚げ足とってみたり。ま、最初のデートならマイルドなスパイスだけどね

ふむふむ。。スパイスがない料理って、なんとなく物足りない。。恋愛におけるワガママも、同じなのかぁ!そりゃ、スパイス(ワガママ)大事や!!そして蝶々さんは「甘えるはサービスである」と言う

「好きな人だから、遠慮しちゃって、甘えられません」って勝手に「こらえてる」女子がいるが、そんなのはケナゲなようで、つまらないプライドと自意識を捨てられないだけじゃない?だいたい「甘える」って、好きな男への最高のサービスじゃない?~中略~「このフタあけて」とか「パソコンの接続して」など「この子は女で、俺は男なんだな」と彼が無理なくできてしかも男としてのプライドをくすぐる類の甘えが、恋愛サービスとしては上級なんじゃないかと思うわ。

はい、、「甘える」って恥ずかしくて・・と、プライドや自意識捨てられてましぇーーーんww彼が出来ることを、なるべくやらせてあげる(甘える)ことで「俺って頼られて、それに応えられる男だぜ」という、相手をイイ気分にさせてあげる「自分が・・」じゃなく、相手(好きな男性)へのサービスってことですね!これも、愛され女性に共通する「型」【相手の求めているものを先回りして与える】ことですな

蝶々の経験では、かわいいワガママなら、言われて喜ばない男っていないと思う。知り合ったばかりだと、他人行儀に遠慮したりするでしょう?それが、なれなれしく、いきなりワガママを言ってくるなんて、意表を突かれてドキドキするんじゃない?ワガママは、小悪魔流のサービス。恋愛食欲促進剤なのよ。ポイントは、相手がゲンナリするほど、ふりかけないってことだけど。

「かわいいワガママで意表を突こう!」という蝶々さんワガママは小悪魔流のサービスかぁ。「しかし、小悪魔とかそんなキャラじゃないしなー」って思ってたんだけど本のあとがきに、こんな風に書いてあったの。

ゲーム感覚で、小悪魔風味をちょっと取り入れてみる?

「小悪魔な女」というのは、決して「特別な女」でも「悪女」でもない。男をだまして、たぶらかし、貢がせ、人生を狂わせる、悪いだけの女ではなく、ちゃっかりしているけど、どこか憎めないチャーミングさがあり、たとえ同性にライバル視されることがあっても、どこ吹く風。そんなネガティブなことよりも、肩の力を抜いて、女であることを100%肯定し、楽しみ、自分の魅力を最大限に活かし、ワガママいっぱいに、恋愛人生を満喫する。そういう女をイメージしている。

小悪魔な女って、男をだますとか、たぶらかすイメージだった!wでもどこか憎めなくて、軽やか。「女であることを100%肯定して楽しんで、ワガママいっぱいに恋愛を楽しむ」これって、なんだかスゴク楽しそう!!と思った

あなたの元々の個性や魅力を活かしながらも、ちょっと「小悪魔風味」をブレンドしてみたり、はたまた思い切ってビジュアルから態度、ボーイフレンドまで総とっかえして、100%の「小悪魔な女」になっても、面白いかもしれない。

うん!!面白そう!!なんかゲーム感覚で取り入れてみたら楽しそうじゃない?「今日は、この小悪魔風味で、ワガママのスパイス入れてみよう♪」とか「自分はこんなキャラじゃないから・・」とかもう取っ払っちゃってビジュアルから態度も、総とっかえして「小悪魔」してみるのも楽しそう!!この「女を楽しんでる感」か大事なんだと、私は思うさぁ^^「自分って良いよね!!」って自信がある蝶々さんの言葉たちが参考になるし、読んでて気持ちいい。私がモテ本を読む時は、モテテクニックというより、もっと本質的な「モテる人ってどんな考え方をしてるんだろなー」って考え方の方を参考にしてる^^

小悪魔な女になる方法 (集英社文庫)

新品価格
¥440から
(2020/2/23 17:30時点)

あなたは自分を変えよう、高めようと頑張ってるとっても素敵な女性だよ^^一緒に変化していこう!https://taisetsu-kanojo.com/hajimetenokatani/

  • この記事を書いた人

おブスの逆襲

昔は貧乏・家庭環境はドロドロ、外見も内面も自分のことが大嫌いだった「整形した?顔も性格も別人みたい」とよく言われる。そんな私が変われたのは体と心の声に耳を傾け「自分を大切にする」ことを意識し続けたから。そんな経験から現在は「自分を大切にするヨガ」を伝えている

-セルフイメージの大切さ, モテとは「型」である, 恋愛と自己肯定感
-, , ,

Copyright© おブスの逆襲 大切にされる女になる , 2020 All Rights Reserved.