「どうせ私なんてブスだし愛されない」自分への想いが変わると顔付きも周りからの扱いも変わる。自分を諦めないで

おブスの逆襲 大切にされる女になる

私の過去の話

貧乏だった子供時代から、自分を認めていくまで~兄とわたし~

投稿日:

みんな
こんにちは(⌒‐⌒)
もう1つのブログで書いた記事だけど
こちらでも紹介するね☆
もう1つのブログも
チェックしてくれてる方もいるよね
ありがとう(T-T)♪

改めてわたしの
人生プロフィールを作ろうかな~なんて
思いましてん。
『自分を大切にするヨガ』を
なぜ伝えようと思ったのか
【自分を愛すること】
【自分を大切にすること】
で変わったこと。
説明するより
私の人生や、容姿の変化を見ると
分かりやすいと思うから(⌒‐⌒)
まぁ、
書きたいから書く!笑
以前書いた
母とのこと↓(2013年の記事だから、今と改行とか、感じも違うな)
ワタシのこと~時々オカン~
父とのこと↓(2016年の記事)
大切なモノ~父との想い出~
今回は、
兄とわたしのエピソード
小学校5年ぐらいからかな?
父は、昼間からお酒を飲んで
働かなくなり
代わりに
母が夜働きに行くようになった。
夜に出かけて
夜中に帰ってきて
昼間は寝ている
そんな生活がしばらく
続いていた。
しかし、ある日から
夜に働きに出たまま
帰ってこなくなったマザー。
一週間しては
一度帰ってきて
また次は
二週間帰ってこなくなる
初めは、なぜ帰ってこないのか
不思議だったが
働きに行っていた飲み屋で
知り合った男と
泊まり歩いているようだ。
父は、お酒を飲んでブツブツ
何をしゃべっているか
分からない
怖い・・
普通の家族の会話などない
母が二週間ぶりに
帰ってきた日にだったかな
怒った兄は、
あばれる君になった。
(兄は一つ歳上)
ドライバー(ネジしめるやつ)を
持って暴れだした。
私は、ただただ
泣きじゃくっていた。(たぶん)
家のタンスに次々と
ドライバー形の丸い穴が空いていく・・
そして、なぜか兄は
私のランドセルまで破壊。
私の赤いランドセルは
丸い穴だらけの
見るも無惨な姿になった。。
そんなランドセルでは
学校に行けないので
『みんなのターボー』の
黒いバックになる。
(みんなのターボー知ってる?ニコニコ)
お母さんが帰ってこないことへの
怒り・悲しみ・不安
兄にも
色々な想いが
あったんだろうなぁ・・
と、今になると
冷静にそう思う。
この頃は貧乏で
家の電話は止められて
学校から連絡網は届かない
『昨日連絡網で、かけたのに
繋がらなかったよ~』と言われて
恥ずかしくて、
ごまかしたのを覚えている。
電気も止められて
夜になると
家の中は暗い、こわい
母もいない、
父はなんかブツブツ言ってる
そんな中で
兄と私は
家の小銭をかき集めて
インスタントラーメン
買いに行ったな~
白米に、焼き肉のタレかけて
フライパンで炒めて食べたな~
(これ美味しい)
そんな昔のことを
ふと思い出した。
兄とは子供の頃は
一緒にゲームしたり
遊んだりした
パシりにされたり
叩かれたりもした。
そんな兄も
大人になってくると
優しく
穏やかになっていった。
父が亡くなる前に
兄の家(一人暮し)に
行くこともあったらしい
兄が荒れていた頃は
兄も父を怖れていたり
嫌っていたように思えた。
なにか問題を
起こすんじゃないか
なんて言われてた。
それが
大人になるにつれて
変わったなぁ
(シャイで、兄の家に
お盆とか行っても
あまり言葉は交わさないけど)
私も変わったもんなぁ。
昔の写真見たら
睨み付けるような写真とか
目付きや、
表情も違うもんな。
この頃、服は
当時住んでた借家の
大家さんの娘さんから
おさがりを貰ってた。
当時は猫が増えて
猫屋敷になり
おしっこの臭いが
服や身体にもついて
学校で
『くさい』と言われたりした。
子供は素直だから
可愛く
そして
時には、残酷である。
子供時代・
学生時代に言われた言葉や
この先
母と、
母の彼と暮らすようになり
母から言われた
言葉や態度で
自己肯定感は
どんどん下がっていった
そして、なにより
【自分が自分に対して】
かけていた言葉
自分で
自分を責めていた
目はしんでる
人に心開かない
深入りしない
思ってること
自分のこと話さない
受け容れてもらえないと
否定されると思うから
自分のこと言わない
表情険しい
おブス
恋愛もなかなか上手くいかない
自分の心の中もドロドロ・・
生きづらい
しかーし!
自分への愛を
ずっと諦めないできた。
自分への言葉がけを変える
人の言葉や
評価に振り回されない
それが
自分の中心に戻るということ
内観する
内側を見つめる(ヨガやで♪)
自分の気持ちに気づく
自分の気持ちを大切にする?
自分にひどい扱いをする人とは
離れる・イヤだと言う
自分責めをやめる
・セルフトークに気づく
・セルフトークの内容を変えていく
(肯定的な言葉がけに)
『私は素晴らしい』
昔は自分の容姿も
性格も嫌いだったけど
自分の良いところ
今ならたくさん
言える
コツコツと
よく
自分を立て直してきたよね
自分への愛を忘れずに
よく頑張ってきたよね(⌒‐⌒)
えらいっ!笑
最高
ありがとう
(↑これが、セルフトークを
変えていくということである。)
詳しくはコチラをどうぞ↓
ブスな自分を嫌っていた私が、
まずしたこと
こうやって少しずつ
自分を認めてきた
どれだけ
すごい資格をとっても
どんなに
すごい仕事をしても
自分で
自分を認めれないと
心はずっと渇いたままで
満たされない。
もっともっと
頑張らなくちゃ!
自分の価値を高めなくちゃ!
そうしないと
自分を認めてあげられない
仕事をやめて
子育てだけしてる自分には
価値がない・・
何かをしないと
何かを与えないと
自分には価値がない・・
本当にそうなの?
自分の価値は
外側のもので決まるの?
人が決めるんじゃない
自分が決めていくんだよね
自分を幸せに出来るのは
自分しかいない。
自分のことを
どう思っているか
周りのことをどんな風に
【みて】【ジャッジ】しているか
それを変えられるのは
自分だけ。
自分の価値は自分で決める!
自分を育てる
お花に
お水をあげるように
そのままの
自分を認めていくんやで←なぜか関西弁
まだ、ドロドロが
出てくることもありますけどね(--;)
まぁ
それも、オッケー☆

あっ!
母が帰って来なかった時代に
良かったことがあるよ!
母居ないから
『ギルガメッシュナイト』を
こっそり観れたこと。笑
(知ってる?)
トゥナイト2とかも観れたよ。
良い時代だったよね。 (  ̄- ̄)遠い目
↑アホや・・
ちなみに兄は、
独身で彼女募集中なので
わたしの義理の
お姉さんになってくれる方募集?
↑お、おもい・・笑
そんなこんなで、
最後までお読みくださり
ありがとうございました!(⌒‐⌒)
ランキング参加しています
良ければポチしてね☆
にほんブログ村 恋愛ブログ モテ女へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ セルフイメージへ
にほんブログ村
 

  • この記事を書いた人

sky

-私の過去の話

Copyright© おブスの逆襲 大切にされる女になる , 2020 All Rights Reserved.